本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0964-28-6803

〒861-4225 熊本市南区城南町東阿高20-3

高齢犬のケアElder Care

動物社会の高齢化

現在、ワンちゃんの寿命は獣医療の発達や飼育環境の改善、食事の適正化などにより10年前と比べ5年以上も伸びてきていると言われています。

一般的に、7歳前後からを高齢期の始まりとされており、小型犬より大型犬のほうが老化の速度が早い傾向があります。近年、人間社会と同様に高齢のワンちゃんの割合が増えてきています

定期検診の必要性

ワンちゃんが年を重ねるにつれ、動物病院での定期検診がこれまで以上に重要になってきます。
ワンちゃんが高齢期を迎えたら、半年をめやすに定期検診を受けることをお勧めします。
これは、ワンちゃんは1年に人間の4歳分もの歳をとり、病気の進行も人間より早いからです。

通常の身体検査のほかに、尿・糞便検査や腹部、心臓の超音波検査も実施したほうがよいでしょう。
また、最低でも年に1回は血液検査を受けることをお勧めします。

加齢に伴って現れる身体的変化

高齢犬になると、身体のあらゆる部分に加齢性の変化が生じます。
内臓や心臓の機能の低下、皮膚・眼・骨などの衰え、腫瘍の発生、歯の病気の増加など、さまざまな症状が現れてきます。

「老衰」という病気はありませんので、「もう歳だから」と諦めずに、その子にあったきちんとしたケアをしてあげましょう。

寝床について

室温

高齢になると体温の機能調節が低下するので、暑さ寒さ対策のため、冷房時だと27度前後、暖房時だと20度前後に保ちましょう。老犬になると体温の調節機能が低下するので、暑さ寒さ対策のためです。

寝床

硬すぎない、滑りにくい寝床を準備し、いつも清潔に保ちましょう。
立ったり横になったりの動作が困難なワンちゃんには、厚めの段ボールやマットの上にタオルやペットシーツを敷くのがよいでしょう。

寝たきりのワンちゃんは、床ずれができるのを防ぐためにも、床はできるだけ厚く、ふかふかで柔らかくするように工夫しましょう。一番上にはペットシーツを敷いたり、オムツを付けたりすると体が汚れにくいです。肩や腰の骨が床に当たる部位は、低反発マットやドーナツクッション、タオルを円形に巻いたものなどをあてがいます。


痴呆の症状が現れているワンちゃんで徘徊が見られる場合は、お風呂マットまたは厚手のタオルを数枚つなぎ合わせて円形にし(大きさは体長の2,5倍程度の円周が目安)、外側を倒れないようサークルなどで囲むとよいでしょう。

床ずれになりやすいところ

骨の突出しているところや、肌と肌がすれあうところは床ずれになりやすいのでちゅういしてあげましょう。長く寝ている状態が続くと、こうしたところの皮膚が赤くなって炎症をおこしたり、ひどくなると皮膚組織が壊死したりすることもあります。

マッサージについて

体位の変換は、体を引きずらないように、2時間に1回程度行ってあげましょう。

マッサージの方法

  • 体全体をなで、嫌がらない程度に揉む (特に床ずれができやすい肩や肘、腰の骨など) 
           
  • 体全体をリズミカルにパタパタたたく
  • 四肢を揺らす
  • 関節の曲げ伸ばし
            

また、優しいブラッシングも良いでしょう。

マッサージの効果として

 
  • 血液、リンパの流れの改善  
  • 筋肉、腱をほぐす  
  • 疼痛の緩和  
  • 栄養分の供給  
  • 老廃物の排除  
  • ストレス改善、精神の安定(スキンシップにもなります)

散歩について

      

補助をして歩けるようであれば短時間でいいので、ゆっくりと、本人のペースで散歩をしてあげましょう。

後肢が弱っているワンちゃんは、タオルなどを下腹部に帯状に当てて、端を背中側に回して、歩行時に軽く持ち上げてあげると、楽に歩くことができます。

ストレス解消、筋肉量低下を防止するなどの効果があります。

食餌の与え方について

  • 食器の位置を高くしてあげましょう。
    食器が低い位置にあると、大型犬や肥満傾向にあるワンちゃん、あるいは関節炎を患っているワンちゃんはかがむのが難しく、食餌の時に苦痛を感じている可能性があります。
  • 1度に大量の食事を与えるのではなく、1日2〜3回少量ずつ与えましょう。
  • 食事量が少ない時は、匂いが強く口当たりが良いものを与えたり、食事を温めたり、食事の形状・粘度などを工夫するとよいでしょう。食欲があるうちに、決まった形状、食感のものを与えておくことにより嗅覚が衰えても、継続して抵抗なく食べてくれることも多いです。
  • 水分摂取量が減少するので、食事と一緒に微温湯やスープをドライフードに加えるといいでしょう。
  • 誤嚥を防ぐため、寝たきりの子でも抱っこしたり、クッションに寄りかからせたりして、少しでも頭を高くして食事を与えましょう。

夜鳴きについて

夜鳴きの特徴

  • 低く唸るような声で鳴く
  • 単調に数時間以上も鳴き続ける
  • サイレンや物音に反応して鳴くわけでなく、無関係に鳴き始める
  • 昼間は寝ていて、夜に家が静まり返ると鳴き始める

原因1《不安感》

  • 耳が遠くなって、飼い主さんの声が聞こえない
  • 自分が吠えても聞こえているのか分からない
  • 周りを見回しても、飼い主さんの姿が確認出来ない
  • 飼い主さんの臭いが感じ取れない

など、そんな不安感から吠えてしまっているのかも知れません。

対処としては、飼い主さんの存在を知らせてあげましょう。自分のベッドの近くに寝かせてあげたり、飼い主さんの臭いが強いものを鼻の近くに置いておいてあげたりするといいでしょう。

原因2《体内時計のズレ》

痴呆・認知症では、昼寝ていて、夜になると夜鳴きをする、そんな子が多く見られます。「いつも一緒に居てくれるはずの時間なのに」、「散歩にそろそろ行く時間」など、そんな勘違いから飼い主さんを呼んでいるのかもしれません。そんなときは、体内時計のズレを少しでも改善していきましょう。

対処法としては

  • 昼に細かく、ご飯やお水をあげる
  • 事あるごとに構う
  • 日中は、日の当たる所に居させる
  • 散歩に行く、一緒に遊ぶ

など、上記の項目を実践して、昼はなるべく活動させるようにしましょう。

原因3《欲求》

  • おしっこはしていないか?
  • 水分はちゃんと取っているか?
  • その体勢はいつからしているか?

など、本当に理由の無い夜鳴きなのかを判断しましょう。

居る場所を定期的に変えてみたりするだけで、治まってしまう例もあるので、まずは試してみましょう。

加齢による脳神経の異常が、認知症・痴呆の原因の可能性もありますので(全く理由が見つからなくても)、不思議ではありません。むしろ、それこそが真の「認知症」と言うものでしょう。

毎日毎晩鳴き続けるのは、ワンちゃんの健康にとっても良くありませんし、また飼い主さんにとっても非常に辛いことだと思います。夜鳴きでお困りの際は、早めに動物病院で症状を説明して、獣医師とよく相談しながら対策(環境対策、抗不安剤の投与など)を立てるのをお勧めします。


多くの高齢犬は、飼い主さんと一緒に過ごした時間が長い分、特別な関係を築いていると思います。
ですから、私たち動物医療従事者は、最期まで飼い主さんとワンちゃんが、少しでも生活の質を高く維持し、幸せに過ごせるようお手伝いしていきたいと思っています。
また、これから高齢になってくるワンちゃんが、一日でも健康で長生きできますよう、飼い主さんのお役に立てれば幸いです。


Jonan Sakuma Animal Hospital城南さくま動物病院

〒861-4225
熊本市南区城南町東阿高20-3
TEL 0964-28-6803
FAX 0964-28-8234

診療時間

平日:9時〜12時・16時〜19時
土曜:9時〜12時・15時〜17時
日曜:9時〜12時
休診日:木曜・祝日